佐賀|学習塾|心学塾エデューコ

マンガにでてくる数学

小説やマンガの中にも算数や数学の問題が出てきます。

 

本屋ではどんな本が売れているか、平積みのコーナーは一通り確認しています。

昨年だったと思いますが、「Dr.STONE」というマンガが少年ジャンプで連載されています。

 

この本は科学監修を担当している方のTwitter情報で知ったのですが、ジャンプとは思えないほど科学が濃い内容です。

 

さて、その中で算術の勝負をするシーンがあります。

 

これを証明すると、

2つの数の十の位をaとして、2つの数の一の位をそれぞれbとcとする。

また問題文よりb+c=10となる。

 

このとき2つの数はそれぞれ

10a+bと10a+cと表せる。

 

2つの数の積は

(10a+b)×(10a+c)

= 100a^2+10a(b+c)+bc

=100a^2+100a+bc (何故ならばb+c=10)

=100a(a+1)+bc

=a×(a+1)×100+bc

 

a×(a+1)×100は下二桁が0である数を示し百の位以上はaと(a+1)の積であることが分かる。

またできる整数の下二桁はbとcの積であることも明らかである。

 

と、授業の合間に簡単に書いただけなので、証明としては不十分な部分もありますが、大筋としてはこんな感じです。

 

身近なマンガなんかの中にもこういった問題は出ているので、試しに証明できるか、挑戦してみるのも面白いかも知れません。

コメントを残す

メニューを閉じる
Close Panel