佐賀|学習塾|心学塾エデューコ

昨夜はスーパームーン

昨夜はスーパームーン

2月19日はスーパームーンだったようです。

昔はあまり聞かなかった名称でしたが、ここ数年スーパームーンという言葉を聞くようになりました。

なぜスーパームーンと普通の満月がうまれるのでしょうか。

地球は太陽の周りを公転し、月は太陽の周りを公転していることはよく知られています。
しかし、この公転運動は真円ではありません。
ケプラーの第1法則から楕円運動であることが知られています。

そのため月は1年の間に何度も近づいたり離れたりを繰り返しながら回転をするわけです。

そして1年の内、満月が一番大きく見える(近づいた)時をスーパームーンと呼んでいるようです。

調べてみて驚いたのですが、ごく最近1979年に定義された言葉のようで元々は占星術の単語のようです。

月は他の天体と比べても格段に観察のしやすい対象です。

満月の前後数日間は比較的見やすい時間場所にありますので、たまには夜空を見上げてみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メニューを閉じる
Close Panel