佐賀|学習塾|心学塾エデューコ

十月十日の意味

十月十日の意味

小学校の理科の内容で生き物の誕生について取り上げるところがありました。

人は受精から約38週で誕生します。

 

そういえば十月十日という言葉があったのを思い出しました。

しかし、ふと考えてみると日数の計算が合わないことに気づき調べてみました。

十月十日をそのまま日数にすると

30×10+10=310日になってしまい1ヶ月以上ズレてしまいます。

 

どうしてだろうと気になり調べてみたところ

十月十日というのは10ヶ月と10日間という意味ではなく

10ヶ月目の10日という意味であることが分かりました。

 

つまり9ヶ月と10日ですね。

 

さらにこの1月は今の太陽暦ではなく太陰暦

月の満ち欠けを基準とするそうで1月は28日になります。

計算すると

28×9+10=262日

 

38週というのは

38×7=266日

 

これでだいたい一致しました。

 

言い伝えと思っていた十月十日

実は結構科学的に近い数字だったんですね。

コメントを残す

メニューを閉じる
Close Panel