佐賀|学習塾|心学塾エデューコ

ヒマワリと数学

ヒマワリと数学

生徒の保護者様よりヒマワリの花を頂きました。

 

ヒマワリと言えば夏の代名詞ですが、

10月11月に開園するヒマワリ園もあります。

佐賀県内だとこんなところがあります。

http://www.miyakikankou.jp/main/?cont=event&eid=4204

 

さて、このヒマワリを見るとある数学の話を思い浮かべます。

(風情がなく申し訳ありません)

 

それはフィボナッチ数列です。

 

1,1,2,3,5,8,13,21…と

永遠と続きます。

 

仕組みは

1+1=2

1+2=3

2+3=5

3+5=8

5+8=13

のように前二つの数を足し算して作ることができます。

 

少し前の映画ですが「ダ・ヴィンチ・コード」の中でも

物語を進める鍵になっていました。

 

さて、このフィボナッチ数列

自然界の中でも多く見かけることができます。

 

その代表が最所の方に書きました

ヒマワリの種の並び方です。

 

花の中心だけを撮った写真をよく見て下さい。

 

花の中心から種の並びに注目すると

右回り、左回りに拡がっているように見えませんか?

 

この渦の数がそれぞれフィボナッチ数列をとっています。

 

ちなみにヒマワリ以外も

フィボナッチ数列であることが多いのですが

恐らくみんなが知っているのと

大きくて観察しやすいせいかヒマワリがよく取り上げられます。

コメントを残す

メニューを閉じる
Close Panel