佐賀|学習塾|心学塾エデューコ

受験期の子供たちの心に寄り添うーエデューコ保護者会開催

受験期の子供たちの心に寄り添うーエデューコ保護者会開催

10月17日㈯に保護者会を行いましたビックリマーク

大学入試改革に伴い

佐賀県の高校入試、中学入試の傾向も変化してきています鉛筆目

 

今回の保護者会では大学共通テストがどう変わるか具体的な例をお示ししながらお伝えしましたアップ

 

星保護者のご感想

・大学受験が考える力を重視することに変わるにともない、高校、中学の内容も変わる。さらに人間力を高めないといけない。

・自分が経験した試験と大きく変わっていて、とても驚いた。新しい入試制度は総合的に力をもった人を作り出せるかもしれないと思った。

 

大学共通テストでいうと

英語のリーディングは第1問で出題されていた「アクセント・発音」「語句整序」問題がなくなります。

ポスターやウェブサイトなど実用的な英文を読み取る読解重視の内容に変わっています。

 

佐賀県の高校入試問題も年々読解問題の比重が増え、英作文の出題も多くなっています。

 

「実社会で英語を使う場面」を想定し、必要な能力を問う傾向になっています。

 

一方で受験の仕組みがどれだけ変わろうとも子供たちに関わる大人の在り方が重要である点は変わりません!!

 

今回は佐賀いのちを大切にする会の代表を務めておられる林田紀子さんに受験期の子供たちへの関わり方についてお話頂きましたラブラブ

 

林田さんは4人のお子様を育てられたご体験から

「待つことの大切さ」や「子供の人間性のすばらしさに感激し伝えることの大切さ」をお話になりました

 

星保護者の感想

・林田さんからは人生の先輩として、母として子どもへの接し方を学ぶことができました。

・みなさんの感想を聞いて、同じだなと思えること、素敵な考えをお持ちだと感じられて、とても励みになりました。

・塾のイメージが勉強を教える所と頭にありましたが、エデューコは子供の心の勉強もしていただくところだと思い、この先が楽しみになりました。

 

受験という期間は挑戦する過程で子供たちが大きく成長していく期間ですアップ

それは単に成績の面にとどまらず、自分の長所に気づいたり、目標を見つけたりすることで

自分を自分で認め、前進していく力を養うという心の面での成長ですドキドキ

 

今年ものこり2カ月と少し。高校3年生の入試はすでに始まっています。年が明ければすぐに小学6年生も中学3年生も入試です。

 

子供達の心に寄り添い、共に成長していく受験期間を過ごしていきますおねがい

コメントを残す

メニューを閉じる
Close Panel